すね毛が濃いとプールや短パンのときに抵抗がありますよね。
すね毛が濃くなるのは、やはり男性ホルモンの影響があるのでしょうか?

女の子だから100パーセント女性ホルモンだけということはありません。
約10分の1は男性ホルモンが含まれていると言われています。
女性ホルモン:男性ホルモン=9:1の割合ということです。

この比率が男性ホルモンが優位にたつと、男性ホルモンの影響を受けやすいと言われています。

このホルモンバランスが崩れるのは、主に思春期と更年期だと言われています。
思春期になると、ホルモンが活発に作られます。
その際に比率が崩れ、男性ホルモンが優位に立つ場合が多いのです。

男性ホルモンの特徴として、体毛促進作用があります。
こうして、すね毛やムダ毛が濃くなるのです。

思春期は個人個人によって向かえる早さが違ってきます。
早い人では小学生中学年ぐらいから、遅い人では中学生の高学年ぐらいになってからとも言われています。
ですから、すね毛が濃くなる理由は、ホルモンバランスの乱れが大きな原因です。

男性ホルモンを抑制するのに、大豆製品が良いと言われています。
大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た効果を発揮します。
豆乳、豆腐、納豆、味噌、きなこなどの大豆製品を摂ってみるといいかもしれません。

また、カミソリで剃ると剃り残しがあると逆に濃くなったりします。
できれば、毛を薄くするローションやジェルタイプがオススメです。

小学生の頃にすね毛を剃ると濃くなりやすいと言われています。
これは、事実といえば事実です。

すね毛を剃る方法にはカミソリを使用します。
カミソリはサッと剃れるという利便性がある反面、肌へのダメージは大きいです。

肌には外的刺激から守るためのバリア機能が備わっています。
その部分にもカミソリで切れ込みを入れてしまうと、周りの肌は傷つかないように肌のバリア機能を強くします。
すると、傷の周りはどんどん濃い毛が作られていくのです。

カミソリの間違った使用方法をいくつか紹介します。

【から剃り】
シェービングクリームなしでそのままカミソリで剃る方法。
カミソリの刃が肌に当たり負担が大きいため、肌を傷つけ易い。
必ずシェービングクリームを塗ってから剃ることが大切です。

【逆剃り】
毛の流れに逆らって剃る方法。
剃り辛い毛も落としやすい剃り方です。
逆剃りは肌へのダメージが大きいそり方なので、プロの理容師がやらないとすぐに肌荒れを起こし易い剃り方です。
できるだけ、順剃り(毛の流れにそって剃る)を行ってください。

【押し付けて剃る】
カミソリを押し付けて剃ると最初に説明したように、バリア機能も剃ってしまい毛が濃くなる原因です。

【同じ箇所を何度も剃る】
これも肌に負担が大きいので、1~2回でサッと剃る感じで行ってください。

【カミソリの衛生管理ができていない】
カミソリが不衛生だと菌が毛に付着してボツボツが出来たりします。
すると、周りもバリア機能を強化して毛を濃くして守ろうとします。
カミソリは衛生管理が大切です。(流水で流して乾燥させて保管する)

正しい剃り方の前に、間違った剃り方を克服することが毛深くならない近道です。

5年生にもなると、体の発育が始まってだんだん大人になってきます。
すね毛もうっすらと生えてきたりもします。

ちょうど敏感なお年頃。
スカートから長ズボンばかり履くようになったら、親は気にしてあげることが大切。
小学生の女の子にとって、すね毛が生えているのは少し気になりますよね。

少し目立つ位なら剃らないでローションでケアしましょう。
ただ、ケアしているのがばれると恥ずかしいです。
そのため、長ズボンを履く期間が長い冬場がケアにオススメです。

カミソリや脱毛器や除毛クリームで除毛したりという方法は、肌の弱いお子さんだと肌を痛めてしまうので控えてくださいね。

コントロールジェルMEは、ムダ毛を薄くする効果があると話題です。
コントロールジェルMEなら天然植物成分のみ配合で、お肌が弱い小さい子供から敏感肌の方や妊婦さんまで安心して使えます
ニオイもなく、付け心地もすごくいいですよ。

試してみる価値はあります。
とにかく、天然植物成分が主体のものを使用してくださいね。

毛の生え変わりは28日程度と言われています。
ですので、最低28日以上しないと効果が表れないということだけは知っておくことが大切。

毎日のケアで自然に気づいたら、産毛になっているかもしれませんよ。

小学生の女の子の場合、ムダ毛を処理するのにカミソリを利用すれば簡単だと思いがち。
しかし、発育状況にある子にとってカミソリを使用するのはオススメできません。

小学生のデリケートな肌にカミソリを当てると、カミソリ負けをする場合が多いからです。

実際、カミソリによる失敗談は多くあります。
・力を入れすぎて肌を切ってしまった。
・カミソリが不衛生だったのか知らないが、剃った部分から吹き出物が出来てきた。
・肌がカミソリ負けして赤くなってしまった。
・処理しなくてもいいところも誤って処理してしまった。
などなど。

子供の肌は天然植物成分のジェルで毛を薄くするという方法が適しています。
特にコントロールジェルMEは、親御さんからの評判もよくオススメです。

使用方法もお風呂上がりに気になる部分だけ塗るだけという手軽さもウリ。
天然植物成分だから、肌のどこでも安心して使用できます。

香料・合成界面活性剤・人口着色料無添加なので、肌トラブルもなく安心です。

ただ、1回塗ってすぐに効果が表れるものではありません。
1ヶ月くらいの継続使用で効果が表れてきます。

初回限定の場合、返金保証もあります。
小学生の肌トラブルでお悩みの方には、オススメする一本です。

すね毛やムダ毛は小学生にとってはコンプレックスですよね。
自分はそれほど気にしていない場合でも、小学生の場合、友達からからかわれたりする場合があります。

小学生に相手のことを考えろといっても難しいですからね。
では、どうすればいいのでしょうか?

【毛深いのを隠す】
体操服を常に長ズボン長袖で過ごすという方法もあります。
ただし、この場合担任の先生の承諾が必要となります。
本人が言うのは恥ずかしいかもしれませんので、親御さんが連絡ノートでそっと相談されるのもいいかもしれません。

【毛を処理する】
少し時間がかかりますが、ムダ毛を薄くする方法はあります。
【毛深いのを隠す】の方法だとプールは毎日休むようになりますからね・・・。
ローションやジェルタイプの方が肌を傷つけることなく毛を薄くしてくれます。
コントロールジェルMEは評判がいいので試す価値はありです。

子供だけに処理させるのではなく、必ず親御さんも一緒になって解決してあげることが大切です。

思春期になると起こり易いと言われています。
できれば同性のお母さんがそれとなく気にしてあげるほうが、お子さんも安心して話してくれるかと思います。
どんな悩みでも話しやすい家庭づくりを心がけておくようにしてくださいね。

小学生の女の子のすね毛処理をする際、親の意見を尊重することは大切です。
ただ、何でも「分かりました。」というと、ロボットです。
これでは、親の言うことしか聞けない意思のないロボットになってしまいます。

では、どうすればいいのでしょうか?

親がカミソリはダメって言われた場合、そのまま受容するのではなく理由を聞くことが大切です。
「お母さん、どうしてカミソリはいけないの?」
そこで、親がきちんと理由を言ってくれるはずです。

その理由に納得できたら、
「ムダ毛が気になる場合、お母さんはどうしているの?」
と聞きましょう。

そうしたら、きっと親が何らかの対策を考えてくれるはずです。
親が忙しい場合は、小学生自信が調べたのを紹介してみてもいいかもしれません。

一番やってはいけないことは、自分で勝手に使用することです。

ムダ毛処理には、カミソリやローションや除毛クリームなどがあります。
しかし、これらは注意書きを守って正しく使用しないと、肌に相当なダメージがあります。
ですので、必ず親に相談してから購入・使用をするようにしてください。

親御さんも子供の悩みには真剣に耳を傾けてくださいね。

小学生にとってすね毛などのムダ毛は気になりますよね。
実際、長ズボンをよく履くようになったという場合は、親御さんも気にしてあげる必要があります。

「よく相手は相手だから気にするな。」と励ます方もいますが、あくまで大人に対して。
小学生の女の子の場合、友達からは率直な意見が返されたり囃し立てられる場合が多いです。
そのため、お子さんの悩みは親の悩みと思って、親もしっかりムダ毛処理の方法を知っておくことが大切です。

小学生の女の子にとって、
「なんで自分だけ生えてくるの?」
と思うかもしれません。

しかし、みんな生えてくるものなのです。
発育が周りの人より少し早いだけなのです。
ですから、深刻な顔をして気にすることはありません。

始める時期は決まっていません。
ただ、ムダ毛が気になり始めたら処理してもいいかもしれません。
その際、必ず親(母親がいいかな)に相談してみてください。

カミソリや電気シェーバーで自分で勝手に剃ると、後で肌荒れなどを起こしかねません。

親は人生の先輩です。
正しい使い方を教えてもらったりしてください。

できれば、毛を処理するのではなく、ローションやコントロールジェルMEなどで毛を薄くすることをオススメします。(この方が肌ダメージが少なくて済むので・・・。)

ムダ毛が処理できると、洋服の幅も広がり色々な学校行事も楽しめます。
再発したときも簡単に対処できるようになります。
今のうちからでもムダ毛処理の方法は知っておいても損はありません。