小学生の女の子のすね毛処理をする際、親の意見を尊重することは大切です。
ただ、何でも「分かりました。」というと、ロボットです。
これでは、親の言うことしか聞けない意思のないロボットになってしまいます。

では、どうすればいいのでしょうか?

親がカミソリはダメって言われた場合、そのまま受容するのではなく理由を聞くことが大切です。
「お母さん、どうしてカミソリはいけないの?」
そこで、親がきちんと理由を言ってくれるはずです。

その理由に納得できたら、
「ムダ毛が気になる場合、お母さんはどうしているの?」
と聞きましょう。

そうしたら、きっと親が何らかの対策を考えてくれるはずです。
親が忙しい場合は、小学生自信が調べたのを紹介してみてもいいかもしれません。

一番やってはいけないことは、自分で勝手に使用することです。

ムダ毛処理には、カミソリやローションや除毛クリームなどがあります。
しかし、これらは注意書きを守って正しく使用しないと、肌に相当なダメージがあります。
ですので、必ず親に相談してから購入・使用をするようにしてください。

親御さんも子供の悩みには真剣に耳を傾けてくださいね。